ラクトフェリンの効果的な飲み方、正しい飲み方です

lactoferrinラクトフェリンはもともと人間が持っている成分の1つで、主な働きとしてはウイルスや雑菌などの外的から体を守る免疫機能の役割を果たしている考えられています。お母さんの母乳の成分に多く含まれていることから、私たちにとって身近で必須の成分とも言えます。

しかし、残念ながら年齢とともに減少していくことも知られており、普段の食事などで補ってあげることが大切になってきます。では、ラクトフェリンの数が体内で少なくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか。免疫機能に欠かせない成分であるため、体調を崩しやすくなったり毎年のように風邪を引いてしまうことも十分に考えられます。また、最近の研究によれば、腸内環境を整える働きがあることも知られており、お腹がすぐゆるくなったり、逆に便秘になりやすい場合ラクトフェリンが足りないことが要因の場合も考えられます。赤ちゃんの頃から私たちの体を守ってくれている成分ですから、健康的な生活をしてくためにも意識的にラクトフェリンを摂っていく必要があることが分かります。では、どうやって普段の食生活において効率的に摂っていけばいいのでしょうか。母乳に含まれているということから分かるように、食べ物で考えると乳製品に多く入っています。

ヨーグルトや牛乳、チーズなどが考えられますが、乳製品が苦手という日本人は意外と多いんです。学校給食で牛乳を出なくなったように、昔とは認識が違ってきているのも事実です。そのため、誰にでもおすすめできる方法を考えていった場合、「サプリメント」が確実です。サプリメントであれば調理や保存も楽なので、いつでも手軽に摂ることができるため、効率的な飲み方や飲むタイミングといったこともコントロールできます。また、食品とは違い確実に栄養を体の中に取り入れることができるのもメリットが高いんです。まず、飲み方のポイントとしては、必ず水と一緒に服用することが大切です。というのも、ラクトフェリンは熱に弱い性質があるので、熱いお茶やコーヒーなどで飲まないようにしてください。また、飲むタイミングについても、就寝前に服用するのがベストなタイミングになります。商品パッケージに記載されている一日の適正量を守ってください。たいてい一日数錠の服用を推奨していることが多いはずです。効果を早く実感したいからといって、一回の服用を多くしても効果はあまり変わらないので、飲みすぎにだけは十分に注意してください。

■閑話休題:正しい睡眠とれてますか?
いくらサプリメントで体の内側を綺麗にしても脳と身体を休ませるための睡眠が上手にとれていないと疲労が蓄積したり頭がはっきりしないまま1日を過ごすことになってしまいます。睡眠中は身体の免疫を戻すためにまた老廃物を出すために多くの時間が必要になります。そんなときに大切なのが「枕」だったりします。枕、上手に選べていますか?
横向き枕のおすすめ、横向き寝に快適な枕をランキング

子どもが飲んでも大丈夫なラクトフェリンサプリを紹介します

今話題の成分にラクトフェリンがあります。ラクトフェリンとは体にとって重要な働きをしているといわれていて、母乳や涙、汗、唾液などに含まれています。鉄結合性の糖タンパク質のことで、淡い赤色をしていたことから赤色タンパク質と呼ばれていたこともありました。この赤色が鉄が含まれている証拠なのです。鉄の吸収性に優れており、抗菌や抗ウイルス作用、免疫力アップ、抗酸化作用などの効果が期待できるとされています。そのようなことからサプリとして摂取している方が増加しつつあります。

それではラクトフェリンを子どもが摂取するのは大丈夫なのでしょうか。実際には大人と変わらない量を摂取しても問題はないといわれています。しかし小さなお子さんの場合、のどにつまらせるなどしては大変ですからサプリを飲ませるのであれば1つずつ与えるのが良いでしょう。注意しなければいけないのは子どもさんが牛乳アレルギーを持っている場合には副作用が出る可能性が高いので与えないようにするということです。サプリが推奨されているのは食事でラクトフェリンを摂取しようとすれば乳製品を食べることになるので、それによっておなかを壊してしまうことがあるからです。

お子さんの体にあうかどうかはわかりませんからまずはお試しサイズが販売されている会社のものを飲ませてみるのが良いでしょう。1週間ほどの量が入っているので、まずはそちらで試してみて体にあっているようであれば継続するというのがいいです。歯磨き粉や洗剤でもおなじみの大手の会社のラクトフェリンのサプリは人気が高く、胃酸に弱いという弱点を持つこの成分を腸までしっかりと届けるために独自のコーティングを施してありますから、しっかりと腸まで届いて効果を発揮することが期待できます。しかも10年にわたってこの成分を研究しており、国内・国外で高く評価されています。そういう意味でも安心して摂取することができるのです。1日たった3粒を飲むだけで良いので、同じ時間帯に飲むことを習慣づけてしまうといいです。

効果を実感できるまでは個人差があり、いつ効果を感じられるかをはっきりと言えるものではありません。しかし平均では約2か月ほど飲み続けて効果を感じ始めたという結果が出ています。お試しサイズのトライアルパックは送料無料で980円とリーズナブルなのでまずは気軽に始めてみるのが良いでしょう。定期コースになると割引されるのでお得に購入できます。

こうして選ぶ!ラクトフェリンサプリの選び方

mazemazeラクトフェリンサプリの正しい選び方ですが、購入前にどういった目的で購入されるのかをハッキリとしておくことが大切となってきます。
それぞれのメーカーから発売されているサプリメントですが、配合されている成分が違っていたり、何を目的にしているのかが違っていたりしますので同じラクトフェリンが配合されているものであったとしても、それぞれの特徴を活かしたものが良いのです。
ですから、まずは便秘解消なのか美容なのかといった何を目的にするのかを明確にしておいて、そこから選ぶようにしてください。

そして、ラクトフェリンサプリの正しい選び方として重要になるのが、腸内までしっかりと届けてくれるものであるかになります。
この手のサプリメントは腸内まで成分が届かないと全く意味のないものになってしまいますので、腸溶性の商品であるかを確認しなければなりません。
腸内まで成分が行き届て初めて美容や健康に繋がっていきますので、しっかりと腸内まで成分が届くのかが大事です。

そもそもラクトフェリンは熱と酸に弱く、食物として摂取してしまうと胃酸でアミノ酸が分解されてしまい腸内に届かないのです。
そうならないためにサプリメントとして加工されている訳ですが、腸溶性でないと胃酸によって分解されています。
腸溶性は特殊なコーティングをして守るようになっていますので、配合されている成分も大事ですが腸溶性かどうかを確認するのが最も重要と言えるでしょう。

次にラクトフェリンサプリで注意したいことが色々とあります。
美容や健康や便秘解消に良いと言われるラクトフェリンサプリですが、摂取のし過ぎには注意が必要になります。
基本的にラクトフェリンは乳製品となりますので急に摂取し過ぎるとお腹を下してしまう可能性がありますし、鉄分を吸収するといった効果もありますので、貧血気味の方や妊婦の方などは注意が必要です。
ですから、ラクトフェリンサプリを選ぶ時に一つのサプリメントに配合されている量にも注目してください。
サプリメントに成分が多く配合されていればいるほど良いと考えてしまいがちですが、摂取のし過ぎもあまりよくないので副作用との兼ね合いも考えておきましょう。

それと先ほども言いましたように腸溶性でなければ全く意味のないものになってしまいますので、どのメーカーで作られたサプリメントは腸溶性であるかどうかなども事前に調べておくことも重要ですので、正しい選び方をして、健康的に摂取しましょう。

飲み過ぎ問題なし?!ラクトフェリンの適切な摂取量

ラクトフェリンという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

ラクトフェリンは、健康はもちろん、ダイエットにも効果が期待されることから、今とても注目を集めています。

ラクトフェリンは、感染防御機能をもったタンパク質です。育児を経験された方によく知られている、お母さんが赤ちゃんを出産した直後に出るいわゆる初乳に関しては、この成分が特に多く含まれていることがわかっています。その他にも、涙や唾液、鼻の中などに存在しており、外から入ってくるウイルスや細菌からの攻撃を防ぐ働きをしていると考えられています。

このような感染予防のみでなく、その他にもたくさんの作用が知られています。発がん予防や感染予防となる免疫調節作用をはじめ、歯周病菌やピロリ菌を抑制する抗ウィルス抗菌活性作用、腸内のビフィズス菌を増殖させる作用、貧血を改善させる鉄の吸収を調整する作用、炎症を改善させる作用、内臓脂肪を減らす作用など、多岐にわたった作用が報告されています。このように色々な作用が期待できることから、ダイエット、ノロウィルス対策、便秘対策、美肌対策などの様々なシーンでの摂取が期待されています。

それでは、具体的な摂取量についてです

摂取量について特別な決まりはありませんが、様々な研究から、150mgから300mg/日程度が適正量と言われています。

ラクトフェリンは生乳やナチュラルチーズにも含まれており、私たちの生活のとても身近にある成分です。乳製品であれば毎日摂取されている方も多いでしょう。しかしこの成分で気を付けておかなければならないのは、加熱処理された製品やヨーグルトなどの加工食品などにはほとんど含まれないという点です。つまり、しぼりたての生乳やナチュラルチーズなどで、しかも可能な限り新鮮なものでしかその摂取が期待できません。

生乳あれば毎日気軽に摂取できると考える方もいらっしゃるでしょう。生乳から一日分の適正摂取量300mを摂取するには、1リットル以上を飲む必要があります。生乳やチーズがお好きな方にはチャレンジできる摂取方法ともいえるでしょう。ただしどんな食べ物も、過剰摂取となると体の他への影響が心配されることから、注意が必要となってきます。

このように、食べ物からの摂取はそのハードルが高いため、サプリメントから摂取するのも一つの方法と言えるでしょう。

現在注目度の高さから、その種類も豊富です。
自分に合ったものを探してみると良いでしょう。