飲み過ぎ問題なし?!ラクトフェリンの適切な摂取量

ラクトフェリンという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

ラクトフェリンは、健康はもちろん、ダイエットにも効果が期待されることから、今とても注目を集めています。

ラクトフェリンは、感染防御機能をもったタンパク質です。育児を経験された方によく知られている、お母さんが赤ちゃんを出産した直後に出るいわゆる初乳に関しては、この成分が特に多く含まれていることがわかっています。その他にも、涙や唾液、鼻の中などに存在しており、外から入ってくるウイルスや細菌からの攻撃を防ぐ働きをしていると考えられています。

このような感染予防のみでなく、その他にもたくさんの作用が知られています。発がん予防や感染予防となる免疫調節作用をはじめ、歯周病菌やピロリ菌を抑制する抗ウィルス抗菌活性作用、腸内のビフィズス菌を増殖させる作用、貧血を改善させる鉄の吸収を調整する作用、炎症を改善させる作用、内臓脂肪を減らす作用など、多岐にわたった作用が報告されています。このように色々な作用が期待できることから、ダイエット、ノロウィルス対策、便秘対策、美肌対策などの様々なシーンでの摂取が期待されています。

それでは、具体的な摂取量についてです

摂取量について特別な決まりはありませんが、様々な研究から、150mgから300mg/日程度が適正量と言われています。

ラクトフェリンは生乳やナチュラルチーズにも含まれており、私たちの生活のとても身近にある成分です。乳製品であれば毎日摂取されている方も多いでしょう。しかしこの成分で気を付けておかなければならないのは、加熱処理された製品やヨーグルトなどの加工食品などにはほとんど含まれないという点です。つまり、しぼりたての生乳やナチュラルチーズなどで、しかも可能な限り新鮮なものでしかその摂取が期待できません。

生乳あれば毎日気軽に摂取できると考える方もいらっしゃるでしょう。生乳から一日分の適正摂取量300mを摂取するには、1リットル以上を飲む必要があります。生乳やチーズがお好きな方にはチャレンジできる摂取方法ともいえるでしょう。ただしどんな食べ物も、過剰摂取となると体の他への影響が心配されることから、注意が必要となってきます。

このように、食べ物からの摂取はそのハードルが高いため、サプリメントから摂取するのも一つの方法と言えるでしょう。

現在注目度の高さから、その種類も豊富です。
自分に合ったものを探してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。