ラクトフェリンの効果的な飲み方、正しい飲み方です

lactoferrinラクトフェリンはもともと人間が持っている成分の1つで、主な働きとしてはウイルスや雑菌などの外的から体を守る免疫機能の役割を果たしている考えられています。お母さんの母乳の成分に多く含まれていることから、私たちにとって身近で必須の成分とも言えます。

しかし、残念ながら年齢とともに減少していくことも知られており、普段の食事などで補ってあげることが大切になってきます。では、ラクトフェリンの数が体内で少なくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか。免疫機能に欠かせない成分であるため、体調を崩しやすくなったり毎年のように風邪を引いてしまうことも十分に考えられます。また、最近の研究によれば、腸内環境を整える働きがあることも知られており、お腹がすぐゆるくなったり、逆に便秘になりやすい場合ラクトフェリンが足りないことが要因の場合も考えられます。赤ちゃんの頃から私たちの体を守ってくれている成分ですから、健康的な生活をしてくためにも意識的にラクトフェリンを摂っていく必要があることが分かります。では、どうやって普段の食生活において効率的に摂っていけばいいのでしょうか。母乳に含まれているということから分かるように、食べ物で考えると乳製品に多く入っています。

ヨーグルトや牛乳、チーズなどが考えられますが、乳製品が苦手という日本人は意外と多いんです。学校給食で牛乳を出なくなったように、昔とは認識が違ってきているのも事実です。そのため、誰にでもおすすめできる方法を考えていった場合、「サプリメント」が確実です。サプリメントであれば調理や保存も楽なので、いつでも手軽に摂ることができるため、効率的な飲み方や飲むタイミングといったこともコントロールできます。また、食品とは違い確実に栄養を体の中に取り入れることができるのもメリットが高いんです。まず、飲み方のポイントとしては、必ず水と一緒に服用することが大切です。というのも、ラクトフェリンは熱に弱い性質があるので、熱いお茶やコーヒーなどで飲まないようにしてください。また、飲むタイミングについても、就寝前に服用するのがベストなタイミングになります。商品パッケージに記載されている一日の適正量を守ってください。たいてい一日数錠の服用を推奨していることが多いはずです。効果を早く実感したいからといって、一回の服用を多くしても効果はあまり変わらないので、飲みすぎにだけは十分に注意してください。

■閑話休題:正しい睡眠とれてますか?
いくらサプリメントで体の内側を綺麗にしても脳と身体を休ませるための睡眠が上手にとれていないと疲労が蓄積したり頭がはっきりしないまま1日を過ごすことになってしまいます。睡眠中は身体の免疫を戻すためにまた老廃物を出すために多くの時間が必要になります。そんなときに大切なのが「枕」だったりします。枕、上手に選べていますか?
横向き枕のおすすめ、横向き寝に快適な枕をランキング

コメントは受け付けていません。